毛穴がなくなる?

顔の脱毛で、レーザー脱毛をした後のメリットとして、毛穴が塞がるといったことがあります。
ここで注意したいのは、毛穴がなくなってしまうことではなく、目立たなくなってしまうと考えるのが妥当です。

毛穴は、毛が生える場所ですが、レーザー脱毛を行なったあとは、しばらくの間は毛が生えないとされています。
ということは、毛穴の働きがなくなったことで、開く必要がないということです。
ただし、アクネ菌があればニキビはできますし、汚れや皮脂が詰まれば吹き出物もできます。
あくまでも見た目の問題です。

毛穴のトラブルも多くが毛穴に詰まる皮脂などですが、同時に毛があることで、なんとなく黒ずんで見えたり、毛穴の存在が大きくなってしまうことがあります。
また、まめに毛を剃る行為をしたり、間違ったスキンケアなどで、毛穴に刺激を与え続けている事も目立つ原因です。

レーザー脱毛と消える毛穴については様々な説がありますが、一つにムダ毛ケアをひんぱんにしなくても良い事で、自分が行う毛穴への刺激が急激に減少してしまうことが大きな要因として考えられます。
レーザー脱毛後に毛穴が引き締まるという皮膚の変化は、その後の必要以上の手入れをしなくても済むことが裏付けとしてあります。

光脱毛などでは、肌への刺激としてコラーゲンが増加するといった効果があるものもありますが、レーザー脱毛に関しては、そのようなことではなく、脱毛後の毛穴へのアプローチが減少するといったことが、ツルスベ素肌を作るといっても良いかもしれません。



《特選サイト》
ツルスベ素肌になれるレーザー脱毛施術が受けられる美容外科のサイトです ... レーザー脱毛施術